家庭菜園を楽しむ

庭やベランダで草木を育てている方も多いと思います。自宅でやるのであれば間伐のような大仕事を考えず、狭いスペースからでも始められます。芝張りや草刈り等の手間はありますが、自分で環境を作っていくことは、やり始めると面白いものなのです。

家庭菜園で人気の種類

笑顔の婦人
no.1

ミニトマト

ミニトマトはプランターでも簡単に栽培でき、次々実が実る、最も人気の高い野菜です。

no.2

キュウリ

次に人気の野菜はキュウリです。比較的簡単に栽培することができ、生育が早いのが特徴です。

no.3

ベビーリーフ

密集して植えても育つ為、スペースをあまり取らず、短期間で収穫できることが魅力となります。

no.4

ホウレンソウ

寒さに強く、丈夫なホウレンソウは、これから家庭菜園を始められる方にオススメの野菜です。

no.5

バジル

パスタやピザ等に利用できるバジルも人気があります。初心者でも栽培しやすく、香りが良いのが特徴です。

家庭菜園の始め方・育て方を知る【キュウリを自分で育てる】

野菜

人気の夏野菜キュウリを育てる

夏が来ると食べたくなるキュウリは、家庭菜園でも人気の野菜です。開花後、短期間で収穫でき、どんどん実をつけるのが特徴となります。育てやすいので野菜作りに慣れていない方でも種から育てることができますが、不安な方は苗を購入しそこから育てていくのも良いと思います。始め方と育て方について学び、自分の作った野菜を食卓で楽しみましょう。

野菜

必要な道具

栽培に必要な物は「プランター」「土」「支柱」になります。種から育てる際は、始めはポットで育て、成長してきたらプランターに移植します。浅く根を張るキュウリを育てるには、なるべく大きいサイズのプランターを用意すると良いでしょう。支柱は2m以上の物を用意します。ツル性でどんどん成長するので、支えがなければ茎が折れてしまいます。その為必ず用意してください。

観葉植物

水やり

キュウリは浅く広く根を張るため、乾燥に弱くなります。その為忘れずに水やりを行ってください。花に水がかからないよう、株元にたっぷりと水を与えます。夜中の間に成長する傾向があるため、夕方以降にたっぷり水をあげると、より成長しやすくなります。水やりの間隔は、少量を日に何度も与えるよりも、間隔を空けて一度に多めに与える方が効率的です。

観葉植物

育て方のポイント

成長の早いキュウリは、ツルがどんどん伸びていきます。育つのは嬉しいですが、しっかり育てるためには、剪定・摘心・摘葉といった作業が必要となります。ポイントとしては、親ヅルを大体支柱の高さでカットします。親ヅルは伸びすぎても、あまり実がつかなくなりますし、子ヅルも成長しづらくなります。また親ヅルの6節目までのわき芽も全て詰み取るようにしましょう。そうすることで、より成長を促すことができます。

初心者でも始められる家庭菜園

キュウリは育てやすく、次々と実をつける人気の夏野菜です。家庭菜園向けにリーズナブルな価格で始められるので、日当たりや、風通しの良い場所で育てると良いでしょう。

広告募集中